2022-01-04

Kindle

7年ほど使っていたKindleを買い替えた。新しい世代が出るたびに少し気にはなっていたけれど、特に不便もなかったので決め手に欠けたのだが、ついに紛失してしまった。おそらく久しく乗った飛行機の、座席前の網の中だと思う。

思えば身の回りで、7年も使って不便を感じないガジェットはほぼ皆無だ。これは素晴らしいことだと思う。

大体はソフトウェアの進化にハードウェア側が追いつかなくなったり、もっと便利なものが登場して羨ましくなったり、バッテリーの消耗から「そろそろ潮時かな」というタイミングが2〜3年で来るものだが、Kindleはそんないずれのきっかけとも基本無縁なのだ。特に目ぼしいアップデートが無いというのもあるが、そもそもバッテリーの持ちが異常に長いし(毎日使っても数週間はもつ)、何よりデバイスが「本を快適に読む」という目的に特化していて、こちらもそれ以上を求めていないのが大きい。

そしてそれは7年前の時点で、既に(自分にとっては)十分達成されていたように思う。漫画や雑誌にも使う人はまだ物足りなさを感じるかもしれないが、少なくとも自分はKindleには活字での読書体験しか期待しておらず、それに関して言えばほぼ何も変わっていなかった。

強いて言えば、ページめくりの物理ボタンが排されたことが惜しかった。特に左側にあった「前ページへ」ボタンはとても惜しい。Kindleは画面タップやスワイプでページめくりを行うのだが、操作の結果、次のページに行ったのか、あるいは戻ったのか、画面上の反応からはかなり判断しづらい。活字の羅列がふわっと活字の羅列に置き換わるだけで動きに方向性がなく、(ページ番号を表示 & それを注視すればまだしも) 操作が意図通りに行われたか、常に小さな不安が伴う。スワイプ操作も特に最初の一回はタップと誤認されることが多く、戻ったつもりが次のページを読んでいることが何度かあった。

これがiPhoneなどのスマホであれば、スワイプ時に若干紙面が指にひっついてきたり、タップ時に右側に軽いアテンションをつけるところだろうが、Kindleのリフレッシュレートや処理能力ではそんな芸当はできない。もはや意識にすら登らない、周囲のマイクロインタラクションの恩恵を改めて認識するところではあったけれど、それができないデバイスにおいては確実な操作のための代替手段が欲しいところではあった。

良い面に話を戻すと、期待する機能を既に十二分に満たしている意味では、腕時計などに近い気がする。コンピューターと言うより、道具やモノ側に近い。それを印象づける極めつけは、電子ペーパーを用いた画面にあると思う。特に日光下で見やすい、というのは液晶に慣れた目には衝撃で、未だに多少の驚きを覚える。ガジェットの象徴であるLCDと真逆の特性を発揮し、無意識に屋外や明るいロケーションを選んで使いたくなることも、存在に対する認識をアナログに寄せるのかもしれない。

思ったよりもやたらと褒めてしまったけれど、Kindleの存在って良いよねという話でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿